MENU

お知らせ

■当院は開業33年を期に2018年2月よりリニューアルオープン致しました。
■診療時間を一部変更致しました。
(旧)
月、火、水、金、土曜日:9:00~18:30(昼休憩12:30~14:30)
(新)
月、火、土曜日: 9:00~18:30(昼休憩12:30~14:30)
水、金曜日:10:00~19:30(昼休憩13:30~15:30)
■予約制になっておりますが、急な痛みなどの応急処置は随時対応しておりますのでお気軽にご連絡ください。

医師紹介

DrPhoto

院長 舟久保 立

<略歴>
・鹿児島大学歯学部卒業
・九州大学歯学部大学院卒業
<所属学会>
・日本歯周病学会
・日本歯内治療学会

DrPhoto

舟久保せいこ

<略歴>
・東北大学歯学部卒業
<所属学会>
・日本咬合学会 認定医
・日本歯内療法学会
・日本歯科東洋医学会
・日本統合医療学会
・日本ホリスティック医学協会
・日本アーユルヴェーダ学会

院長ごあいさつ

はじめまして、歯科医師の舟久保と申します。
桜南歯科クリニックは昭和59年に両親の代から開業し、平成25年からは自分が院長となり患者様のお口の中を診させてもらっています。

<院長として働き始めて>

私は歯科医師免許を取得した後、本格的に歯科医師として働き始めてまず感じたことは、本当に多くの歯科医院があるという実感でした。そんな歯科医師過剰と言われているこの時代に、自分はいま社会から求められている存在なのかと悩んだことがあります。

働き始めた当初は1つのことをきちんと治療するのに今では考えられないくらい多くの時間を費やしておりました。中には症状が改善せず離れていく患者様もいました。私自身も満足いただけなかった患者様に申し訳なく思うとともに、いまでも私の治療のために当時から来院してくださる患者様に大変感謝しています。

<求められる歯科医師として>

快適に治療を受けていただくために、丁寧に治療することはもちろんのことですが、大事なのは治療の結果について経過をみていくことです。「なぜ良くなったのか」あるいは「なぜ改善しなかったのか」、「一時的に改善しただけか」など常に考えながら日々精進していきたいと思っております。また歯科治療に関しては日々進歩しており、学生時代に学んだことのない器材、材料、治療法が多くあります。私自身これらのことを学ぶのは非常に楽しいので、積極的に勉強して、いい治療を取り入れていきたいと思っております。

まだまだ未熟ではありますが多くの歯科医院の中で桜南歯科に来院してくださる患者様に感謝するとともに、治療をする上で自分だったらどうしたいかということを考え、患者様の一人一人がここで治療して良かったと思ってもらえるような歯科医院にしていきたいと思っております。

診療時間・アクセス

診察時間
月・火・土 午前  9:00~12:30
午後 14:30~18:30
水・金 午前 10:00~13:30
午後 15:30~19:30
休診日 木曜日・日曜日・祝日

・祝日がある週の木曜日は診療しております。
・時間についてはお問い合わせください。

 

住所 〒305-0043 茨城県つくば市大角豆737−6
電話 029-852-3611
・最寄りの施設には「桜南小学校」があります。
・駐車場5台分あります。

初めての方へ

・当日は必ず保険証をお持ちになってお越しください。
・当院は予約診療制になっております。
 予約なしで来院された場合、予約の患者様を優先して治療しておりますのでお待ちいただく可能性がございます。
・緊急性が高い患者様の治療を優先する場合もございます。
 その場合は申し訳ございませんが、診察をお待ちいただくこともございます。

当日の流れ

まず保険証の確認、問診票の記入、カルテの作成を行いますので、予約の10分前にお越しいただくことをお願いしております。

問診をし、診査・診断をした後、症状の説明等をしますので、当日は応急処置のみになってしまうこともありますので予めご容赦ください。

施設

outlook
外観

entrance2
入口

 

room2
待合室

chair1
治療用チェアー

 

x-ray1
レントゲン室

cleaner2
消毒・洗浄コーナー

設備

デジタルレントゲン
x-ray2
x-ray3

正確な診断をするために歯科ではレントゲンを活用することが多くあります。
その際、デジタルレントゲンは従来のフィルム型のレントゲンと比較し、撮影毎の被曝量が1/10 以下になり体への負担を少なくします。また、撮影から現像までの時間も短く、デジタルデータとして保存しておけるため画像の劣化がなく、以前のデータと比較することが可能です。

 

給水管内の除菌装置ポセイドン
poseidon

歯科では水を使いながら行う治療が多くあります。使用する水は水道水を利用することがほとんどですが、近年、給水停止時に歯科ユニット給水管内の残留塩素濃度が減少してしまうことで、細菌の増殖とバイオフィルム形成による汚染が起こっていることが分かりました。ポセイドンは残留塩素濃度を補正し、給水管の除菌能力を維持することで衛生的な水を供給することができます。

 

Mieleウォッシャー ディスインフェクター
washer

歯科治療で使われる器具の中には使い捨てできない器具が多くあります。これらの器具は通常、洗浄・消毒・滅菌などの行程を経てまた次に使われます。
当院では患者様に安全・安心して治療を受けていただくため、消毒に対して規定してある国際規格(Iso 15883)をクリアしたMiele 社製(ドイツ)の高圧洗浄機を導入しております。
この洗浄機は弱アルカリ性洗浄剤で洗浄・すすぎを行い感染原因となる血液や唾液などの汚染物質を落とすだけでなく、最終工程にて93℃の熱水ですすぎをおこない、中の器具を徹底的に除菌することができます。

 

唾液検査システム AL-55
saliva

唾液には、口腔内の疾患状況を反映するさまざまな成分が含まれ、う蝕や歯周病等の発症や進行に伴ってそれらが量的あるいは質的に変化することが知られています。

唾液検査システムAL-55は洗口採取した唾液を試験紙上に滴下し、565nm、635nm、760nmの光の反射率で測定することにより、むし歯菌・酸性度・緩衝能・白血球・タンパク質・アンモニアを測定します。

簡便かつ非侵襲的に口腔内の疾患のリクスを評価できます。

 

一般歯科

虫歯

虫歯は原因となる細菌が口腔内に入ってくる糖分を分解して酸を産生し、歯を溶かしていくことで進行していきます。

虫歯の原因にはさまざまな要因がありますが、その主なものとしては歯自体の強度、糖分、細菌数に影響されます。それぞれの要因に対して正しいケアでアプローチする必要があります。

caries1
caries2

 

 

歯周病

かつては歯槽膿漏と呼ばれていた歯肉の病気で、「歯肉がぷよぷよして膿がでる」といったイメージが強くありましたが、このような症状は歯周病の症状の一つです。多くの場合は気づかないうちにじわじわと進行し、歯肉の内側の歯を支えている骨を破壊していきます。

歯ブラシをしているときに血がでるという経験がある方も多くいらっしゃると思いますが、こういった症状は歯周病の初期症状であることが多いので早期発見・早期治療することで歯周病の進行をとめることができます。